読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葛西城と旧水戸街道

環七の下に埋没してしまった葛西城跡の北限と推定される場所は、現在の水戸街道のほんの少し北側と言われています。

後北条氏の城と言えば街道を城内に取り込んでいるものも多く、今の水戸街道と葛西城の推定される北限が当時もそのままなら非常に納得のいく位置関係ですが、今の水戸街道は葛西城があった当時から随分後にできたもので、当時使われていたと思われる旧水戸街道はもっと北側の、現在亀有アリオがある辺り。

実際歩いてみると結構な距離を感じたので、試しに測ってみたらその距離およそ700mぐらい。

 

以前葛西城の位置を見たとき、水戸街道を押さえる役割もあったんじゃないかと勝手に思っていましたが、後北条氏の城郭として考えると少し遠すぎるような気もします。